胡蝶蘭専門農園
黒臼洋蘭園にようこそ!

らんや岩槻店 らんや小石川店

園主の黒臼秀之です皇太子様ご行啓記事へ第59回全国農業コンクール優秀賞受賞

花が落ちてしまった胡蝶蘭、もう一度お花を咲かせるには


 

花が落ちててしまった胡蝶蘭。

「これで楽しみは終わり」と思っていませんか?
それではもったいない!
胡蝶蘭はお花が散ってしまっても、きちんと手当をしてあげれば、何度でも茎が伸びてきて、お花を楽しむことができる生命力の強い植物なんです。

ここでは、お花が散ってしまった胡蝶蘭を、再びお花を咲かせるための方法についてご紹介します。
胡蝶蘭の花が上の画像のように花落ちしてしまったら、株と茎を支えていた支柱を外します。

 

胡蝶蘭の株には節がついていますね。
その節を下から数えて4節ほど残し、その上はカットしてしまいましょう。

花がつく茎(花茎)を残したままだと、株の栄養が取られ、翌年花を咲かせる力がなくなってしまうのです。

花茎は切り落としても、翌年は違う場所から新しく伸びてきます。

ご家庭では、鉢の下に受け皿を置いて下さい。
これで、花落ち後のお世話は完了です。
あとは、じっくりと育てていきましょう。
10~11月頃の1ヶ月間は屋外で低温に当てると花芽をつくる準備が始まり、12月頃から少しずつ顔を出して育っていきます。
開花の目安は温室内の場合で2~3月、常温の場合は5月頃です。のんびりと育つのを待って下さい。

※花芽の成長は、胡蝶蘭がお客さまの住まいの環境に慣れてからとなります。
場合によっては、2~3年ほどかかることもあります。
 

 

ご家庭で胡蝶蘭が育つための好条件

ご家庭では、下のような条件のもとで育てるのが理想です。

温度 夜間は15℃位に保つ。日中は25℃位がベスト。
  直射日光は避けて、レースのカーテン越しに日光を充分にあてる。春・秋は40%、真夏は60%程度の遮光をする
  水苔の表面が乾いて、鉢底に多少の湿気が残っている場合に水を与える。
肥料 薄めた液肥(3,000~5,000倍)を週1回程度与える。ただし、水温が低い場合は与えない方がよい。
 

--------------------------------

 

オフィス内で2度咲きにチャレンジしました

東京都内のとあるオフィスにて、2度咲きにチャレンジしてみました。

正直言って、胡蝶蘭が元気に育つための温度管理はできていません。
環境はいまいちです。果たして無事に咲くのでしょうか?

p05.jpg
もとは、こんなに立派な5本立ち。
それを、花が落ちたあと、1株ずつ鉢に植え替えしました。
水苔は変えていません。
 

 

2011年6月13日
剪定したてです。
 
 
2011年11月15日
半年後、ようやく芽が出てきました。
 
 
2012年12月29日
芽がここまで伸びてきました。
 
 
2012年2月10日
なんと、しばらく見ぬ間につぼみが生えていました。結構大きくなってます。
 
 
2012年2月20日
もうすぐ咲きそうです!
 
 
2012年2月22日
見事1輪目の花が開きました!
 
 
2012年3月23日
遅まきながら、2輪目も花が開きました。
 
 
2012年4月12日
3つ生えたつぼみが全て開花しました。

温度管理に気を遣い、肥料を適量与えるとさらに花茎が伸びて芽がつきますよ。
皆さまのご自宅でもぜひチャレンジしてみて下さいね。
 

参考動画


当園の園長が、植え替え方法を動画でご紹介しています♪



こちらは、2012年5月に当園内で行った植え替え講習会のようすです。
植え替えのヒントが詰まってます。


トップに戻る

胡蝶蘭,胡蝶蘭栽培,胡蝶蘭情報開花予想,ミディ胡蝶蘭

黒臼洋蘭園ブログ胡蝶蘭,胡蝶蘭栽培,胡蝶蘭情報